Ref.1680 赤サブ

初代サブデイト Ref.1680

ロレックス(ROREX) 赤サブ

サブマリーナ初の日付を装着した初代サブデイトモデルで1965年頃〜1980年終わりまでの長い間作られました。このモデルの1970年前後の生産分に「submariner」の文字表記が赤いモデルがあり、これが「赤サブ」と呼ばれて人気のあるモデルとなっています。

 

アンティーク市場では、状態の良いオリジナルモデルでは150万程の相場となっているようです。人気モデルだけに、ニコイチや偽物も多く存在するのは残念ながら現実です。

 

200M防水で(現行は300M)、まだ、逆回転防止のベゼルが使われておらず、ベゼルが両方向に回転します。(次モデルのRef.14060M Ref.16800から逆回転防止ベゼルとなります。)

 

風防はプラスチック製。通称煙突風防と呼ばれます。このプラの風防の劣化具合が良い味を出している個体が多く人気のほどが伺えます。プラの風防の良い所は、傷なども簡単に落とせてしまうのです。

 

1980年頃に発表される次世代のサブマリーナとなるRef.16800からはサファイヤクリスタルの風防へと改良されるのですが、サファイヤガラスの風防は傷がつきにくい判明、一度傷つけるとかなり高価なリペア代金となってしまいます。

 

Cal.は1575、Cal.1570のデイト機構の付いているバージョンが1575で、他のキャリバーでも見られますが、ノンデイトと区別する為に末尾に5が付けられました。(刻印されているモデルナンバーはCal.1570)

 

毎時1万9800振動、マイクロステラスクリューが使用され1500系では一番の高性能を誇ります。もちろん、当時の時計の中では断トツな性能だったのはいうまでもありません。

 

機械式の時計は振動数が高い程精度が出しやすいのです。現行のサブに使われているCal.3130やCal.3135などでは28800振動となっています。

 

余談になりますが、70年代に入って、セイコーがクォーツを出してきた事で、もはや機械式時計は全く歯が立たなくなってしまいました、これが俗にいうクォーツショックと呼ばれる現象です。バースディロレックスなどを探していて、極端に入手困難な年代の物はクォーツショックの影響がある事が多いのです。

 

とはいえ、ご存知の通り、ロレックスを始めとする機械式時計は別の「らしさ」を求めて今日の様に進化を続けてきているのです。

 

私にとってもRef1680はバースディサブマリーナが含まれるモデルです。いつの日か入手したいサブマリーナという訳です。

 

 

 

 

関連ページ

Ref.6204 サブマリーナの1stモデル
幻のサブマリーナ1st
Ref.5513 軍サブ ミリタリーサブ
レアモデル 軍サブ ミリタリーサブ